昭和大学病院 第2子出産レポ!前駆陣痛~出産まで

前回の妊娠発覚ブログからかなり月日は経ってしまい、、

もう第2子が生まれました!

これから少しずつ妊娠、出産を振り返って記録していきたいと思います。

そしてじつはこの子は眼瞼下垂であることがわかり、

0歳にしてまもなく手術を受ける予定です。。

このあたりも何回かに分けて記録していきますね。

ではまずは出産についてをまとめてみます。

病院は昭和大学病院でした↓

産婦人科|昭和大学病院
昭和大学病院の公式WEBサイトです。「患者さん本位の医療」、「高度な医療の推進」、「医療人の育成」という三つの理念の基、チームで患者さんに安全で安心な質の高い医療を提供してきます。
スポンサーリンク

ビッグベビーなのに超安産

一人目の出産についてはこちらの記事にまとめています。

偶然にも生まれた日の週日数がまったく同じで、38週3日でした。

ただ、経産婦ということでかなりのスピード感で、これは前回と全く違いました。

時系列にしますね。

<出産日当日>

  • 深夜2:00
    • 弱めの前駆陣痛(?)で目が覚める
    • でもすでに5分間隔でだいたい等間隔
    • これ以降、ドキドキでほぼ寝れず
  • 早朝5:30
    • おしるし!鮮血とねばねば状のおりもの
    • 生理2日目と似ているけど陣痛もあったのでおしるしと確信・・この一回きりだったのもあり、わかりやすかった
    • 入院の最終準備に取り掛かる
    • 徐々に痛みが増していく
  • 午前10:00
    • 強い痛みで陣痛中は立てなくなってくる
    • 4分間隔でこれはもう本陣痛・・!
  • 午前11:00
    • 軽くシャワー・・つらい
    • 病院に電話、「すぐに来てください」とのこと
  • 午前11:30
    • 陣痛タクシーを呼ぶ
  • 正午12:00
    • 病院到着
    • 夫と長男にも病棟手前まで着いてきてもらうがここでバイバイ(コロナ禍で中までは入れず)
  • 午後12:30
    • 陣痛~出産まで移動なしのLDR室へ
    • すでに子宮口5~7cm!いきみ逃しがつらい・・
  • 午後13:03
    • 子宮口10cmでいきみ解禁!!長男のときよりだいぶ早い展開!!
  • 午後13:13
    • 破水しないので助産師による人工破水(手を入れられるけど、陣痛がある中なのでまったく気にしてられず)
  • 午後13:27
    • 誕生!!!泣き声がかわいい~
    • いやしかし最後の最後のいきみが大変だった・・ ←理由はのちほどわかる
  • 午後13:29
    • 胎盤が出る
    • もう痛みから解放されていて気持ち的には余裕
  • 午後13:40
    • 赤ちゃんチェックで体重3925gと判明・・!大きくてなかなか出てこられなかったそうな。。
    • 状態は問題なし、ホッ。
  • 午後13:45
    • 赤ちゃんを横に置いてもらってしばらく添い寝
    • 写真を撮ったり、身内に出産報告のラインをしたり
  • 午後15:00
    • 分娩台からようやく立ち上がりトイレへ。母の排尿は問題なし
    • 赤ちゃんは別室へ、しばしバイバイ
  • 午後18:00
    • 入院部屋がまだ準備中のため、そのままLDR室で夕食
  • 午後19:00
    • 入院部屋へ移動
  • 午後20:30
    • 母子別室のため、赤ちゃんがいる部屋にいって少し様子をみてくる
    • 就寝

こんな感じでした。

出産を振り返ってみると・・

陣痛時間は記録上3時間半(朝10時~13時半)で、

長男のときの25時間と比べると正直とてもラクに終えることができました。

ただ、予想以上のビッグベビーで、

最後のいきむところで何度ふんばってもなかなか出てこない・・

という大変さは次男のほうがありました。汗

これから出産にのぞまれるママさん、

  • 経産婦はやはり進みが早いです!自分の感覚を信じて、病院への電話は早めにしましょう
  • 大きい赤ちゃんはやはり産むの大変です・・!可能な範囲で、妊娠中に子供が大きくなりすぎないことを意識したほうがいいかと(通院先の先生が言ってくれるとは思いますけどね)

以上、出産レポでした。

コメント